FC2ブログ

枯れた世界に咲く

Category : 創作
某所に応募したやつです
暗い
枯れた世界に咲く

世界は植物達によって枯渇された。
人は残り少なくなった水資源、エネルギーを求めて細々と暮らしていた。
そんな中、植物を寄生させ、新たな力を振るう勢力があらわれた。
花人と呼ばれた新勢力はその力を持たない人間を虐げ始める。

辺境のド田舎と言えどもそれは例外でなく、少女は明日にも殺される身の上だった。
もうどうにでもなれ…投げやりになっていた彼女は、行き倒れた青年を発見する。
普段なら絶対に拾わない。
それほどまでに生活は貧困としていた。
優しさという名の愚かさは死を招く…しかし、残された時間のわずかな彼女にとっては該当しない。
気まぐれに青年を拾った。

水とわずかな食事を与えると青年は見違えるように元気になった。
身なりから旅人であることは知れた。
興味がわくワケでもない、特に話す事もなかったが
明るい青年といると時間を忘れることができた。
それだけでも拾った甲斐があった。

処刑当日
青年は彼女を助けた。
長年苦しめられてきたあの屈強な花人達を…
村人総出でも叶わなかった花人達を青年一人で倒したのだ。
村は解放に沸いた。
英雄と褒め称えられた青年とそれを救った少女はその中心にいる。

しかし翌晩、逃げ延びた花人が召喚した花人達が村を再び襲う。
あまりの圧倒的な数とそれを率いる化け物のような頭目に命からがら青年と少女は村を出た。
少女は傷を負っていた。浅くはない。
村を救って欲しいと少女は願う。何者なのかは知らないけれど、花人なんか倒してくれ…と。
青年は 申し訳なさそうに笑った。

『ごめんね、俺もコッチなんだ』

篭手を外してのぞいた青年の手首には、真っ赤に輝く花があった。
優しい光が少女を包む。
傷が癒えていくのに、少女の血の気は失せていった。
放心した少女を置いて、青年は村に歩き出した。


◆◆◆

なんかそんな妄想がありました。どこのジャンプだよ!
絵で表現する気が全くないところがすごいですね!

Comment

非公開コメント

About


(バナーは直リンク推奨です。)

【Frostism】は美波が個人で管理・運営する創作イラストブログサイトです。
版権物に関して、各版権元様とは一切関係ありません。

pixiv   写保管庫  ついった
オフライン情報←オフライン情報はコチラ

*******************
This site
【http://angelbreaker.blog7.fc2.com/】
Mail
pixivメッセージから頂けると確認が早いです。
 
大きい画像が上げられるのでイラスト置き場にpixivを活用してます。 御用がございましたらそちらをご覧下さい。
倉庫
ブログ内検索